尊敬される憧れの役員

大手企業の役員として活躍する僕の友人は、その一方で、まとまった休日が取れる毎に国内外を問わずご旅行にでられる旅好きとして知られています。
なぜこんなにも旅行が好きになったか、というと、起源は大学時代にさかのぼるそうです。
彼は8年ほど海外留学をしていて、あちらこちらから集まる留学生達と親しくなり、彼らの故郷を訪問したことがきっかけだそうです。
ガイドブックや本などでみるだけではなく、実際に訪問してみて、どんな所なのか目で確認し、各地のよさを知ったそうです。
これが会社経営や人を育てる上でも大変役立ち、今の彼があるといってもいいそうです。
旅に出る度に、写真を撮りそれを写真集として出版したり、旅行した記録を本として出版し、いまや書店にも多くの本が並ぶほどです。
会社でも、若い社員の方々と飲みに行き、気さくに旅行の話をなさるので、社員の間でも尊敬される憧れの役員です。
今年も奥様と欧州、息子さんとアジア、ご両親とクルーズに出られるそうでその後にはまた旅行記を出版なさるそうです。